リゾートバイトのお仕事の中には、知る人ぞ知る『ナイトフロント』という職種があります。
ナイトフロントとは、ホテルや旅館にて夜22時以降にフロント業務に就く仕事のことを言います。
夜間の業務となるため、リゾートバイトの中でも時給が高く、実はひそかに人気が高い職種なんです。
今回は、実際のナイトフロントの仕事内容やすでに働いている方の体験談など、事前に知っておくべきことや気になるポイントをまとめてみたので是非ご覧ください!

リゾートバイトのナイトフロントの仕事内容を紹介!

ナイトフロントの仕事は、ホテルの規模感にもよりますが、 宿泊するお客さんを相手にする時間がお昼に比べて圧倒的に少ないため、フロント業務以外の業務も任されることがあります。 

チェックイン・チェックアウト

夜間で遅い時間の対応になるので、出張先での仕事を終えてチェックインする人や、交通機関の運行状況で深夜にチェックアウトをする人が少しいる程度ですが受付をすることはあります。
お昼のフロント業務と比較すると対応数は少ないので、余裕を持って対応することになります。

接客

お昼と比べるとお客さんの数が少ないので、施設により対応数が少なくなることもありますが、チェックインを済ませたあとに客室までの案内をしたり、夜間にお客さんが外出する際のタクシーを手配することもあります。

清掃

基本的にホテルの清掃員が行うのですが、お客さんがチェックインを際に落としたゴミや、夜間に出た埃などを拾ったりすることもたまにあります。
ホテルによって仕事量は異なりますが、昼間に本格的な清掃が入るので少しは見逃してもあれこれ言われることはほとんどありません。

電話対応

夜間でも当日の予約が入ったり、問い合わせがあることはちらほらあるのでその対応をします。
昼と比べると対応数が減るのであまり大変な作業ではありません。

敷地内の見回り

夜間の見回りは基本的に警備員の仕事なので、ナイトフロントが見回りをすることはありませんが、チェックインカウンターのモニター画面等で何か不審な人や物を見かけた際は見回りを行うこともあります。
たまに夜間だと暗くて怖いイメージを持つ方がいますが、ホテルの廊下やフロントは夜間でも明るく女性でも安心して見回りをすることができるので心配不要です!

会計

夜間は事務員がいないので、締め作業をすることがありますが、本格的なアプリを使って全ての作業をするのではなく、夜間にあった入出金のチェックや売り上げの報告のみを行うのでそんなに難しいことをする必要はありません。

リゾバのナイトフロントの1日のスケジュール

時間  業務状況
22:00 出社
22:00-23:00 チェックイン・接客・電話対応
23:00-25:00 清掃・見回り
25:00-6:00 会計・チェックアウト
7:00 退社

勤務時間は残業がなければ22時から翌7時勤務時間になります。接客自体はほぼなく、主に裏方での仕事になります。
間で細かい作業が入ることはありますが、毎日やることは基本的に変わらなく業務量も少ないので、身構えることもありません。

実際にナイトフロントとして働いた人の体験談

仕事量は多いですが、実際に働いている人の体験談をみてみるとそんなに大変なことはありません。
お客さんから声をかけられても簡単な質問が多く、 ナイトフロント初心者でも困ることはあまりないので 仕事内容を覚えることさえできれば楽しく働くことができそうです。

ツイッターに投稿されている内容を見てもみなさん楽しそうに働かれていますよね!
仕事内容を覚えることさえできれば楽しく働くことができそうです。

リゾバのナイトフロントで働くメリット&デメリット

メリット1|時給が高い

基本時給に深夜割増(25%)が加算されるので、他の職種と比べると時給が高くなり、たくさん稼ぐことができます。
それでいて仕事はそこまで大変ではないので、ナイトフロントは人気の高い職種となっています。

メリット2|仕事量が少ない

ホテルの規模感や立地にもよりますが、お昼と比較すると対応するお客さんも少ないので、
待機時間が長くなり、仕事量が少なくなります。
やることを早めに終わらせれば、自由な時間が長くなります。

メリット3|お客さんが少ない

深夜の時間帯はチェックインをするお客さんもお昼と比べて少なく、23時から朝までは直接お客さんと関わる事は殆ど無いので、黙々と作業をすることになります。
接客があまり得意ではない方や人見知りをする方にはおすすめの仕事です。

メリット4|自由な時間が多い

接客業務がほとんどないので自由な時間が多くなり、やることを早めに終わらせれば自由な時間を作ることができます。
実際に空いた時間で同僚や先輩とおしゃべりをしたり、映画をみたり過ごすこともできるみたいです!

デメリット1|昼夜が逆転してしまう

働く時間が深夜なので、普段から夜型の生活をしている人でも、最初の週の勤務は眠気との戦いになります。
かなり体力を使うので、勤務を開始して何日かはかなりの覚悟が必要かもしれません。

デメリット2|酔っ払いのお客がいる

お酒を飲んだ状態でホテルに戻ってくるお客さんもいるので、
酔っ払っている状態でわけのわからないことを言ってきたり、チェックインの際に支払う宿泊料金を確認しないお客さんもいます。そこからトラブルになることもあるので、要注意が必要です。翌朝のトラブルを防ぐためにも領収証等をきちんと保管するよう促すことも大切です。

リゾバのナイトフロンで働く2つの注意点

とても魅力がたくさんあるナイトフロントの業務ですが、働く前に確認しておきたいところが2点あります。

勤務時間帯を確認する

ホテルや旅館によっては20時から勤務が開始するところもあり、その時間はチェックインをするお客さんも多い時間帯なので
忙しい時間に働くこともあるかもしれません。こういったところは事前に確認をしておいたほうがいいですね。

休憩時間の長さを確認する

上記メリットにあるように仕事量が少ないのが特徴のナイトフロントですが、
中にはナイトフロントの魅力でもある待機時間は休憩時間としてカウントされるところもあります。こちらも事前に確認すべきポイントですね。

リゾートバイトのナイトフロントの給料事情

実際のナイトフロントの給料ですが、時給は1000~1300円程度となり、時給は高めに設定されていることがほとんどです。
それに加えて深夜手当がつくので、実際にもらう給料は多くなり稼ぐことができます。

(例)時給が1200円の場合の8時間労働

1,500円 × 6時間 = 9,000円(深夜手当て付き)

上に加えて、残りの2時間(2,400円)

9,000円 + 2,400円 = 11,400円

ナイトフロントのリゾートバイト求人の探し方

ナイトフロントでのバイトに興味のある方は、ぜひ実際の求人も見てみてくださいね。
各求人には、時給や仕事内容も記載されているので参考にしてみてください。
トラバイでおすすめの求人はこちら↓

【高時給♪】ミシュランガイド掲載のホテル!英語力を生かして働いてみませんか?

島そのものが古代の博物館のような小さな離島で働きませんか??

リゾバのナイトフロントは効率よく稼ぎたい人におすすめ

ナイトフロントは他の職種と比べても時給が高く、貯金もしやすいので短期間で効率よく稼ぐことができます。
 「短期でたくさん稼ぎたい」という願望を持っている方にはとてもオススメのお仕事ですよ。  また、ナイトフロントは体力を使うので男性のポジションだと思われがちですが、
女性も活躍している仕事なので、興味がある方は応募してみてくださいね!